「ネウボラ」について知っていますか?

日本の子育ては「孤独」との闘い

ワンオペ育児や産後うつ…そんな言葉を聞かない日はない、そんな時代になりました。

片働きよりも共働き、外国にルーツがある家族やシングルペアレントの家庭も増え、家族の在り方は多様になってきました。

だけど、「子育て」は変わっているでしょうか?

乳児を一人抱えて孤独に耐える女性や、仕事と育児の両立に“産後うつ”を発症する男性。

子育ての悩みを共有できる相手がおらず、ひたすらネットを検索する日々…。

さらに、インターネットの氾濫で情報の波に押し流されている人も多い、それが現在の「子育て」です。

先日、国立成育医療センターから、「出産後1年間の母親の死因で最も多いのは自殺である」という衝撃的な調査結果が発表されました。

子育ては「孤独」でも仕方ないのでしょうか?日本の家族は「我慢」を続けないといけないのでしょうか?

 

フィンランドの子育て支援「ネウボラ」

ネウボラ(Neuvola)とは、フィンランドの子どもや子育て家庭全体を支援するサービスです。その語源は「アドバイスを受ける場所」から来ています。

どの地域に住んでいても簡単にアクセス可能で、妊娠期から子どもが大きくなるまでの間、専門家のサービスを無償で受けることが出来ます。

サービスの内容はとても多様です。妊娠期には妊婦教育だけでなく、これから父親になる男性にも指導が行われます。赤ちゃん誕生後は健診や予防接種で定期的に通うだけでなく、授乳方法や赤ちゃんのあやし方、ストレスへの対処方法を聞けるなど、「切れ目のない支援」を受けることが出来るのです。

 

目的は「家族丸ごと豊かになる」こと

日本では一旦子どもが生まれると「お父さん」「お母さん」のことは後回しにされがちです。

ですがこのネウボラでは、「子育てをする家族がいかに健やかであるか」を大切にしています。大人が子育てを楽しめる環境をつくることこそが、一番の「子育て」になるからです。

 

もちろん、出産後のパートナーとの性生活についてや、パートナーシップについても非常に重要視されています。

日本でも近代化が進む以前は、核家族ではなく大家族が平均的でした。どんな地域にも“ちょっとお節介だけど頼りになる、なんでも頼れるおばちゃん”がいたことと思います。

 

ネウボラは、現代版「近所のおばちゃん」としてフィンランドで愛され、活躍しているのです。

 

日本にネウボラはいるの?

近年の子育てをとりまく問題に対処するため、自治体ごとにネウボラ事業を取り入れている場所も増えてきました。

産前産後の面談や、プレママ・パパクラスの実施など「切れ目のない子育て支援」の実現に向けて、試行錯誤を重ねている状況です。

一方共働きや核家族の増加や子育ての多様化に伴い、家族に必要なケアもバリエーションが増し、十分な支援を行えている自治体と、“看板を掲げただけ”の自治体でサービスの質に格差がみられるのもまた事実のようです。

 

日本版「ネウボラ」のこれから

日本は残念ながらフィンランドのように福祉大国ではありません。

しかし、日本のように少子化という問題が顕著に現れている国こそ、「子育てをみんなでシェアする」必要があります。

 

様々な医療・福祉職、さらに人口の3分の1以上を占めるシニア世代などの多様なメンバーで「ネウボラチーム」を形成していくといった、コミュニティ全体で子育て世帯を支える仕組みを作ることが喫緊の課題であるといえます。

 

関連記事

PAGE TOP