妊娠出産でもらえるお金〜国民年金免除制度がスタート〜

平成31年4月から国民年金保険料の産前産後期間の免除制度が始まります!

なんとその額・・・

65,640円免除

フリーランスの方など、ありがたい制度ですね。

しかし、自動的に免除とはならず、申請が必要となります。

その概要を徹底解説。

社会保険加入者には、以前から「産前産後休業保険料免除制度」があり、健康保険料と厚生年金保険料が免除されていました。
詳細は健康保険組合、厚生年金基金等へ確認ください。

対象


「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産を指し、死産、流産、早産された方も含まれます。

保険料免除期間

出産予定日又は出産月の前月から4か月間

平成31年度の国民年金保険料は16,410円です。

そのため16,410円×4ヵ月=65,640円の免除を受けることができます。

何かと出費が多い、妊娠出産期に朗報ですね。

申請時期

出産予定日の6か月前から可能。
出生後の申請も可能です。

※ ただし、提出ができるのは平成31年4月以降

申請先

住民登録をしている市区町村の国民年金担当窓口

申請書類

  • 申請書
    平成31年4月から年金事務所または市区町村の国民年金の窓口で受け取り可能
    ホームページからのダウンロードも準備中
  • 母子手帳(出産前申請者のみ
  • 被保険者と子が別所帯の場合は、出産日及び親子関係を明らかにする書類(出生証明書等)

問い合わせ先


お近くの年金事務所

日本年金機構公式WEBサイト

ワンポイント

  • 免除期間も、保険料を満額納めたものとしてカウントされます。
  • 全納されている方は、還付することが可能です。
  • 多胎妊娠(双子、三つ子など)の場合は、6か月間(=98,460円)の国民年金保険料が免除されます。

<注意>
平成 31 年 3 月に出産予定の方
施行日が平成 31 年 4 月のため、平成31年4月1日以降に申請し、出産日を基準として産前産後期間が決定されます。
3月に出産した場合は、4月分、5月分の保険料(=32,820円)が免除 となります

妊娠・出産に関わるお金は、申請しないと受け取れない、免除を受けられないものが多いです。

また各種健康保険組合により、受け取れる金額やお祝い金の有無など違いがあるため、妊娠中に問い合わせしましょう。

text:看護師・助産師
永冨 由紀子(ながとみ ゆきこ)

関連記事

PAGE TOP