知って得する産後情報 産後のマイナートラブル Part1

こんにちは!

ライターの小泉です。

 

今回は、『産後のマイナートラブル Part1』

というテーマで記事を書いていきます。

 

妊娠中も様々な体の変化や心の変化が生じますが、産後もたくさんの変化があります。

 

 

どんな変化があるのか?

気を付けるポイントがあるのか?

知っていればお得な情報をお伝えします。

 

 

産後の変化

・腰痛、骨盤帯痛

・腱鞘炎

・頭痛

・乳腺炎

・排尿、排便障害

・むくみ

・冷え

・産後太り

・会陰部の痛み

・精神的疾患

・抜け毛、白髪

・肌荒れ

などなど様々なトラブルが起きます。

 

こう見ると本当に妊娠・出産ってすごいなと思います。

ママさんへ尊敬と感謝します。

 

今回はPart1なのでいくつか詳しく解説していきます。

 

 

 

腰痛・骨盤帯痛

基本的に一般の方がなる腰痛とママさんに起こる腰痛は別物として捉えます。

原因も対処も変わってくるので、私の場合は慎重に身体を見ていくように心がけています。

原因もいろいろありますが、大きく分けると姿勢や胎児の成長、ホルモンの影響、分娩による骨盤が歪みがあげられます。

骨盤が歪むことで、体重や重力などを骨ではなく筋肉で支えようとするため、過緊張を起こし腰痛や骨盤周囲の痛みに関与します。

産後、腰痛、マイナートラブル

 

対処方法

・同じ姿勢で長くいない

・インナーマッスルに適度に刺激を入れる

・深呼吸をしながらストレッチやマッサージをする

・重たいものを持つときには姿勢やスピードに注意する

・体重が増加しすぎないようにコントロールする

・体を冷やさないようにする

・産後のコルセットを行う

 

 

 

腱鞘炎・手根管症候群

赤ちゃんが産まれてママはおっぱいをあげるときやオムツ交換、あやす時、沐浴など頻繁に抱っこします。

抱っこの仕方も関係しますが、圧倒的に両腕・肘・手首にかかる過負荷が原因で起こります。

また、妊娠中に姿勢が変化していく事で背骨の彎曲や肩甲骨・肩の位置に変化し、腕や手首の使い方が変わってくることで、腱鞘炎や手根管症候群になりやすくなります。

その他にも女性ホルモンの低下(エストロゲン)が関与しています。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンのホルモンの分泌量が高まっていくが、出産と同時に急激にホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが乱れます。

産後、腱鞘炎、マイナートラブル

 

対処方法

・サポーターを付ける

・背骨、肩甲骨、肩、腕、手首の運動やストレッチ、マッサージを行う

・手首や腕だけで抱っこせず、体全体を用いる

・家族の協力を得て抱っこの回数を減らす

・食事でホルモンバランスを保つ

 

 

 

乳腺炎

乳腺が詰まって炎症を起こしている状態で、一般的には授乳開始から12週までの期間に経験します。

産後、乳腺炎、マイナートラブル

 

症状

・授乳中におっぱいに痛みや焼けるような感覚を感じる

・おっぱいに圧迫するような痛みやチクチク感を感じる

・おっぱいの腫れ・熱っぽい

・疲労感と体調の不調

・発熱と悪寒

 

 

原因

・母乳や乳管の詰まり

授乳方法が正しくなく、おっぱいが空っぽにならないため、母乳が詰まってしまう。

 

・細菌

ママの皮膚や赤ちゃんの口からの細菌が乳管に侵入し炎症が起きる。

 

・ストレス、栄養不足

ストレスや栄養不足によって母乳を作るホルモンバランスが崩れる。

脂質の取りすぎが母乳を詰まらせる原因の一つにもなる。

 

 

対処方法

・しっかりと乳首を口にくわえているかを確認する

・空っぽになるように姿勢を変えながらおっぱいをあげる

・授乳の時間を空けすぎない

・おっぱいや周囲の筋肉をマッサージする

・ストレスを溜めすぎない

・乳首カバーをつける

・栄養を気を付ける

 

 

 

排尿・排便障害

産後にくしゃみをしたり、重い物をもったりした際に尿や便が漏れることや尿意や便意が感じなくなったり、残尿感、排泄するまでに時間がかかることなどが起きます。

産後1ヶ月程度で自然に解消していきますが、中には1年以上続いたり、そのまま体質が変化してしまう方もいます。

産後、尿もれ、マイナートラブル

 

原因

・分娩時に児頭による尿道括約筋や肛門括約筋、神経の圧迫

・骨盤底筋や腹筋の弛緩により腹圧の低下

・分娩時の切開や裂傷などによる会陰、膣、子宮下部の損傷

・母乳をあげることにより体内の水分が不足する

・元々便秘の方や体重増加と相関関係があります

などがあります。

 

 

対処方法

・栄養面を気を付けて腸内環境を整えておく

・妊娠中から体重のコントロールをしておく

・重い物をなるべく持たないように工夫する(持ち方に工夫する)

・骨盤底筋や腹筋のエクササイズを行う

・長時間の立ち仕事は避ける

・尿意や便意を我慢しないようにする

・こまめに水分摂取を行う

 

 

今回はココまで!

次回は残りのマイナートラブルについてブログを書きます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

このサイト内ではリハビリの専門家や栄養士が妊娠や出産、育児について記事を書いています。

ママ・パパになる準備や体のケア、育児、制度などで不安や悩みがある方のお助け手帳になれるようなサイトになればと思います。

 

writer:小泉 昇巳(理学療法士/ファスティングインストラクター)

関連記事

PAGE TOP