妊婦さんとインフルエンザ

例年年明け前後から大流行となるインフルエンザは、春先まで流行が続きます。

妊娠中に感染したらどうするの?赤ちゃんに影響はある?

妊婦はインフルエンザの予防接種はどうする?

そんな疑問にお答えします。

妊娠中のインフルエンザワクチンについて

現在の、厚労省や日本産婦人科学会の見解としては

妊娠中のインフルエンザワクチン接種は、安全であり、有用なので接種を推奨

 となっています。

 

安心してインフルエンザの予防接種を受けましょう。

現在、日本で使用されているインフルエンザワクチンは、ウイルスを殺し毒性をなくしてある不活化ワクチンです。

そのため、一般的に妊娠中のすべての時期において安全であるとされています。

逆に、妊娠中は免疫機能は低下傾向にありインフルエンザに限らず、様々な病気に感染しやすい状態です。

妊娠中のインフルエンザ感染は、重度の合併症や入院のリスクを高めるとの報告があり、積極的なワクチン接種が世界的に勧められております。

さらには、母体の免疫が胎盤を介して胎児へ移行することにより、出産した赤ちゃんも出生時に免疫を獲得しているのです!

つまり、妊娠中のインフルエンザワクチン接種は母子ともに有用です。

チメロサール(有機水銀)について

ワクチン接種や副反応の問題があったときに、話題に上がる防腐剤の「チメロサール(有機水銀)」

非妊娠時はもちろん、妊娠中でもチメロサール含有ワクチンでも問題ありません。

日本産婦人科学会ガイドライン上でも、懸念されていた自閉症との因果関係は否定されていますし、全面的に胎児への影響はないとされています。

しかし!

やはり、入ってない方がいいと思うのは当たり前の人間の心理です。

どうしても気になる場合など、希望すれば、チメロサール非含有ワクチンを接種することができる施設もありますので、主治医へ相談しましょう。

インフルエンザワクチンの有効期間は、接種後2週から5か月程度。
接種後1週から2週間後に抗体が上昇し始め、1か月後までにはピークに達し、3か月から4か月後には徐々に低下傾向を示すことがわかっています。

今から接種しても、流行には十分に間に合いますでの、まだ接種していない方は主治医に相談してみましょう。

注意
インフルエンザワクチンを打てば100%かからないというわけではありません!
発症する人や重症化する人の割合を減らすという効果があります。
妊娠中に予防接種を受けることで発症のリスクを減らせたり、生まれた子どもの発症を減らせたりしたとの報告もあります

 

インフルエンザにかかってしまったら?

妊娠中にインフルエンザにかかった場合、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビル)が使えますので必要に応じて医師に処方してもらってください。

これらの薬を必ず服用しなければいけないわけではありませんが、妊娠中だから薬やワクチンは使わない方がいいと自己判断するこはやめましょう。

薬の副作用や胎児への影響だけにとらわれずに、感染や発熱のデメリットも考えることが大切です。

抗インフルエンザ薬と妊娠の関係について説明します。

<タミフル>

異常行動でも話題になったタミフル。

妊娠初期にタミフルを使用した研究では、流早産や先天異常の発生率は、通常と比較して高いものではありませんでした。

ただし、調査人数が少ないため(約90名)、この調査結果から胎児への影響がないと結論づけることはできていないのですが、アメリカなどの研究からも一般的な先天異常発生率と相違ないといわれています。

<リレンザ・イナビル吸入薬>

吸入で使用され局所で作用するため、母親の血中に移行する量もごくわずかであり、さらに口に残ってしまった分を飲み込んでしまったとしても、それも血中にはほとんど移行しないことがわかっています。
こうしたことから妊娠中にわずかの期間(通常の使用であれば5日)この薬剤を使用したとしても、胎児に重大な影響を及ぼす可能性は少ないと考えられています。

インフルエンザの予防

予防の基本は、前述した予防接種が世界的にも認められている最も有効な予防法です。

日常生活ではまず、体調を整えて抵抗力をつけ、 ウイルスに接触しないことが大切です。

インフルエンザの潜伏期間は1~2日で、発症する1日前から発症後5~7日頃まで周囲の人にうつしてしまう可能性があります。

特に発症日から3日間ほどが最も感染力が高いと考えられています。さらに、熱が下がってもインフルエンザの感染力は残っていて、他の人に感染させる可能性があります。(個人差はありますが、熱が下がって2日間は感染させる可能性があります。)

インフルエンザは咳、くしゃみ、せき、つばなどのしぶきと共に放出されたウイルスを、鼻腔から吸入することによって感染します。

<手洗い・うがい>

基本中の基本!もっと大切なのが手洗いです。

流水・石鹸による手洗いは手指などについたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、インフルエンザに限らず接触感染を感染経路とする感染症対策の基本です。

インフルエンザウイルスはアルコールによる消毒でも効果が高いので、外出先など手洗いができない環境などでは、アルコールの使用も効果があります。

<マスクの着用>

咳やくしゃみなどの症状がある人がマスクをすることは感染拡大を防ぐのに有効ですが、自分を守る手段としては推奨していない現状です。

個人的には、保湿効果としてマスクを着用していることが多いです。

マスクを着用時は、しっかり鼻から顎までを覆いましょう。

<部屋の加湿>

ウイルスは低温・低湿度を好みます。

また乾燥により、喉の粘膜の防御機能が低くなるため、湿度は50−60%を保つと良いとされています。

加湿器などの利用、濡れタオルの室内干しなども有効です。

こまめに水分摂取やのど飴もよいと思いますが、飴類は思っているよりも糖分が含まれているのは注意したいところです。

<不必要な外出を避ける・人ごみを避ける>

とにかくウイルスに接しないことが大切です。ネットスーパーの利用なども考慮しましょう。

また、外出を避けることは、様々な事情で難しい場合もあると思います。

外出後の手洗いは必ず行いましょう。

十分な休養・睡眠・栄養>

何事にも当てはまる基本事項ですが、大事なことです。

 



これからが冬本番。

インフルエンザの大流行シーズンに突入しますので、予防に努めていきましょう。

 

関連記事

PAGE TOP