離乳食の進め方〜5・6ヶ月頃〜

生後5〜6ヶ月頃になると気になってくるのが離乳食についてですよね。
今回は、5〜6ヶ月ころの離乳食の進め方についてご紹介していきます。

離乳食を開始する目安

離乳食は明確に「この時期からはじめましょう」というものではありません。赤ちゃんの成長の目安に合わせるのが大切です。
離乳食開始の目安として5〜6ヵ月頃と言われていますが、以下のような状態ができているか確認してはじめてみましょう。

・大人が食べている姿や食べ物に興味を持つ
・首がしっかり座っている
・支えれば座れる
・哺乳反射が少なくなる(スプーンなどを嫌がらない)

だいたい5〜6ヶ月頃になるとこれらができるようになります。月齢ではなく、赤ちゃんの状態で判断しましょう。

はじめての離乳食

はじめての離乳食は食べることに慣れさせるための食事です。1日1回1さじずつ始めましょう。
ごっくん期と呼ばれる期間なので、噛まずに飲み込められる状態の食事にしましょう。

・すりつぶした10倍粥
・加熱してすりつぶした野菜
・加熱して裏ごしした豆腐
・麦茶

昔は果汁を与えていたこともありましたが、ここ数年では果汁を与える必要は無いと言われています。
もし、母乳やミルク以外の飲み物を与えたい場合は果汁ではなく麦茶にしましょう。スプーンで1さじずつ与えてあげてください。

5〜6ヶ月頃に使用して良い食材

この時期に使用して良い食材の例を記します。

・米(お粥にする)
・食パン(耳をとってパン粥にする)
・豆腐、白身魚
・野菜(繊維が多いものは避け、加熱してから使う)

赤身魚や豚肉、牛肉などの使用はこの時期は控えましょう。また、離乳食は必ず加熱したものを与えてください。

栄養源は母乳やミルクが主体

あくまで5〜6ヶ月頃の離乳食は、食べることに慣れるためのものであり、栄養源は母乳やミルクが主体です。
離乳食の栄養についてそこまで難しく考える必要はありません。母乳やミルクは赤ちゃんが欲しがるだけ与えてあげましょう。

味付けはしない

離乳食は味付け不要です。調味料は使用しないようにしましょう。
だしは使用して良いので、かつおぶしや昆布からだしを取るか、野菜を煮てだしを取るようにします。
顆粒だしには食塩が含まれていることが多いのでこの時期は控えましょう。
一度にたくさん作っておいて、製氷皿に冷凍しておくと使いたい分ずつ使えて便利です。
保存期間は1週間を目安にしてください。

離乳食は冷凍できる

1回に食べる量が少ない離乳食は、まとめて作って冷凍しておくのもおすすめです。
加熱してすりおろした野菜や10倍粥などは、1回分ずつラップに包んで冷凍保存しても◎
冷凍後の保存期間は1週間を目安に使い切りましょう。

市販品を活用しよう

離乳食は多くの種類の市販品が販売されています。
スーパーやドラッグストアで手軽に購入することができるので、忙しい時などはこれらを利用しましょう。
種類も多いので普段の離乳食作りの参考にもなりますよ。
市販の離乳食は赤ちゃんの月齢ごと分かれているので、表示をチェックして購入するようにしてください。

赤ちゃんのペースに合わせて離乳食を

離乳食の開始時期や注意点について紹介しました。
離乳食は少しずつ量を増やしていくのですが、与えてみて赤ちゃんが嫌がるようなら無理に増やさなくてもOKです。
その分、母乳やミルクを与えてあげましょう。
また、あまりにも赤ちゃんが食べないことが続く場合は、地域の保健師さんなどに相談してみると良いですよ。
赤ちゃんの離乳食、親子で楽しんで始めてくださいね。

text:管理栄養士 若子みな美
HP:食のハードルを下げる!ORANGE kitchen

関連記事

PAGE TOP