赤ちゃんがモノを舐める理由は?体の発達面から解説します

赤ちゃんがモノを舐めるのには理由があった

こんなイラストを見たことがあるでしょうか?

うーん、非常に不気味ですね笑

 

これは「ホムンクルス」と呼ばれ、人間の神経が多く集まっている場所を示すイラストなんです。

パーツが大きい部位ほど、感覚が敏感ということ。唇や舌などの口周りが、手先と同様に非常に繊細なことが一目でわかりますね。

実はこのホムンクルス、「赤ちゃんが物を舐めてしまう」ことと、大きな関係があるんです。

 

首が座るようになる前後から、赤ちゃんはとにかく色んなものを舐めるようになってきますね。

ご家族の中には「なんでも口に入れてしまうから大変だし、心配!」とお悩みの方も多いかと思います。

しかし、この「口で舐める」という過程は「目で見たり手で触ったりする」以前に、赤ちゃんの発達にとって非常に重要になるんです。

 

赤ちゃんにとって一番のセンサーは「口」

私たち大人から考えると、

「どうして手があるのにわざわざ口で触るの…?」と思うのではないでしょうか?

 

赤ちゃんにとっては、手はまだ使い勝手の悪いものです。

なぜなら、赤ちゃんは産まれてすぐに自力でおっぱいを飲むことが求められるため、実はお腹の中にいるときからおしゃぶりなどをして舌や唇の動きをトレーニングしてきているのです。

偉い!赤ちゃん!

 

そういえば3Dエコーのとき、おしゃぶりしていた!って方もいるかもしれませんね。

 

まずはおっぱいを飲んで生きることが最優先。つまり、手先の器用さは後回しなんです。

そのため、自由に動かせて、かつ感覚が鋭いのは圧倒的に「口」ということになります。

 

赤ちゃんが「あれ?これはなにかな?」と気になったときに、まずは口の中にそれを運んで感覚を確かめます。これは、我々大人が目で見たり、手で触って感覚を確かめるのと同じ原理といえます。

 

口と手の感覚の答え合わせをしている

「じゃあ、手が上手に使えるようになってきたらモノを口に入れるのは止めた方がいいの?」

という訳でもないんです。

 

実は赤ちゃんは「口で得た感覚と、手で触ったり目で見た感覚を答え合わせしている」んですね。

 

私たちは「ヌルヌルした食べ物」を口に入れた時も、手で触ったときも、もはや触らずに目で見た時でさえ、それが「ヌルヌル」であることは理解できますよね?

これは当たり前に生まれ持った感覚ではなく、私たち大人も成長の過程で口で感じた刺激を、手や目で感じたものを記憶で繋いでいるからなんです。

 

口でしっかり色々な感覚(質感や形など)を感じておくことで、そのあと手で触って遊ぶようになった時にそれらの情報を答え合わせしていく”統合”を行っていきます。

 

ぬるぬるやベタベタ、ひんやりやボコボコなど…様々な質感を楽しむためには、赤ちゃんの頃に口の中に入れた感じた、知っている、という経験が欠かせないんですね。

 

 

離乳食のための準備をしている

 

生後間もない赤ちゃんは、口に何かが触れるたびにおっぱいが欲しそうに口をパクパク、ツイツイ動かしますよね。

この非常に可愛い動きのことを”吸てつ反射”と呼びます。

 

冒頭で述べたように、赤ちゃんにとっては自力でおっぱいを飲むことが命に関わる問題。そのため、この吸てつ反射は赤ちゃんの命を繋ぐ重要な反射なんですよね。

しかしながら、この反射が出続けてしまったらどうでしょう?

 

離乳食などを食べようとしたときにスプーンが口に触れたらツイツイ…としてしまっていたら、いつまで経っても食事をすることが出来ません。

しっかりとこの反射を抑えるために、赤ちゃんは口を触ったり、色々なものを口に入れたりして練習しているんです。とっても真面目ですね!

 

窒息には要注意!ポイントは〇〇の太さ

そうは言っても、何でも口に入れてしまうというのは、「窒息するのでは…?」という心配も同時に生まれますよね。

実際に、赤ちゃんの誤飲は非常に危険です。特に赤ちゃんがずり這いなど動きだすようになってからは整理整頓は重要です。

といっても、おもちゃなどでも誤飲のリスクがあります。「何が危険なものかわからない…」というときにはコチラの周径を参考にすると良いようです。

そう、トイレットペーパーの芯です!

 

この芯の中を通り抜けてしまうような小さなサイズの物は誤飲、窒息の恐れがあるので赤ちゃんの手の届かないところへ片づけるようにしましょう。

 

まとめ

最低限の清掃や消毒などを行っている上であれば、赤ちゃんのナメナメは発達に欠かせないものであるということがわかりました。

汚い!と止めてしまわないように、環境を整えるように出来るといいですね。

The following two tabs change content below.
理学療法士・マタニティヨガインストラクター 赤ちゃんや子どもが大好き。 周りの大人が笑顔なら子どもは笑顔になる!をモットーに子育てに関する情報を発信していきます。

関連記事

PAGE TOP