ADHDの症状

ADHDって最近耳にするけど、どんな病気?
発達障害っていうけどうちの子は大丈夫かな?

ADHDについて気になる方、今回はADHDはどんな症状かを中心に書いていきたいと思いますので目を通していただければと思います。

ADHDはこんな症状

注意欠陥多動性障害(ADHD:Attention deficit hyperactivity disorder)とは、不注意多動性衝動性の3つに分けられ症状の現れ方は人それぞれです。

それぞれの具体的な特徴は以下の通りです。

 

<不注意>

・気が散りやすく、集中力が続かない

・忘れ物が多い

・物をなくす事が多い

・興味があると没頭して、他に注意を切り替える事ができない

・片付けが苦手

・不器用

・先生の話を聞いておらず、他の子よりワンテンポ遅れる

 

<多動性>

・授業中や座らなきゃいけない場面で、ウロウロしてしまう

・おしゃべりが止まらない

・相手が話しているのをさえぎって、自分の話をしてしまう

 

<衝動性>

・思いつくと居ても立っても居られなく行動してしまう

・急に大声を出す

・ちょっとした事でカッとなって手を出してしまう

・外的刺激に対して後のことを考えず、反射的に反応してしまう

 

などの症状があるのがADHDの特徴です。

 

症状がで始めるのはいつくらいから?

ADHDの症状がで始めるのは、7歳未満。

症状の出かたは年齢によって異なります。

▶︎乳幼児期

癇癪を起こしやすかったり、気難しいなどの様子が現れます。

一つの遊びに止まらず、ずっと動き続けているなどの特徴が現れることもあります。

▶︎幼児期

多動が目立ち出し、車道に飛び出してしまったり、友達に手を上げてしまったりという様子が見られてきます。

学童期が近づくと、集団行動が取れなかったり、何度注意しても聞かない様子や集団から逸脱いてしまうような行動が現れます。

 

さいごに

我が家の娘も、ADHD気質を持っています。あくまで作業療法士である私の見立てですが。

ADHDと診断されると、集団での生活で大丈夫かしら。と心配になることもあるとは思います。ですが、ADHDと診断されてその子の特性を把握してあげることで、今まで叱りすぎてしまっていたことも「そうか!ADHDからくる特性なのか!そうしたらこういう対応をしてみよう」と周りにいる家族や先生たちも特性を生かした指導や日常での働きかけができるようになります。

早期発見がイイ!と言われているのもこういった理由からです。

わかることで子供の可能性を潰さずにすみます。また、二次的な損失も少なくなります。

子供の特性を知って、子供の可能性を伸ばしましょう!

お子さんは皆、輝く原石なので✳︎

 

 

text:筒井ナミ(作業療法士)

 

 

関連記事

PAGE TOP