無痛分娩は本当に危険なのか?

無痛分娩の最近

無痛分娩関連の事故のニュースがクローズアップされることがあり、それを知り不安になる方も多いと思います。

報道やメディア等では、事故の内容と無痛分娩との直接の関係がわかりにくいのですが、実は無痛分娩自体がリスクが高いわけではなく、あくまで、体制が整っていない病院での無痛分娩が危険であるということは確かです。

無痛分娩は、技術や経験のある医療従事者が、適切な施設で行えば、妊婦さんにとってはメリットが大きいと考えています。

厚労省も無痛分娩に対して、研究班ができていたり、妊婦さんや家族向けのパンフレットを作成したりしています。

とてもわかりやすく書かれていますので、無痛分娩をしたい方、無痛分娩ってなんだろう?という方、無痛分娩は何となく怖いと考えている方などは、是非みていただきたいと思います。

[aside type=”normal”]「無痛分娩」を考える妊婦さんとご家族の皆様へ(厚生労働WEBサイトより)[/aside]

 

無痛分娩とは本当に無痛か?

現在多くの国で無痛分娩といえば、その第一選択は「硬膜外鎮痛法」といわれる下半身の痛みだけをとる方法です。

硬膜外腔(こうまくがいくう)と呼ばれる、背骨の中にある、狭い間隙に細くて柔らかいチューブ(カテーテル)を挿入します。

 

そのカテーテルに局所麻酔薬を注入することで、下半身の感覚を鈍くして痛みを和らげます。

麻酔が効いてくると、意識ははっきりしたままで下半身の感覚がにぶくなってきます。

陣痛やお産の痛みはかなり抑えられますが、胎児の下降感や圧迫感は残ります。

痛みの感じ方には主観的な部分も影響しますので、全員が完全に痛みを感じないかというと、そうではありません。

しかし、本来の陣痛の痛みはかなり和らげることができます。

私も無痛分娩を取り扱う施設で勤務していたことがあります。

経験上、大半の方は、陣痛中も本を読んだり、家族と談笑したり、眠ったりとリラックスして過ごすことができていました。

しかし、やはり痛みが強く、麻酔薬を追加、追加しながらも、ご本人の思ったような除痛ができてないこともありました。

会陰切開・裂傷があった場合は、産後の痛みの方が辛いと言っていましたね!

産後は、内服薬の鎮痛剤が使用できますので、産後の痛みも安心してください。

無痛分娩のメリット

痛みの軽減

何よりも痛みが軽減されることは最大のメリットです。

痛みがないので、リラックスできますし、疲労も少なくなります。

また、結果として産後が楽、回復が早いと感じる方も多いようです。

特に、陣痛や痛みに対する恐怖心が強い方にとっては、緊張を緩めリラックスできる分娩方法であるといえます。

酸素供給量の増加

痛みが軽くなれば赤ちゃんに酸素がたくさん送られます。

特に心臓や、肺にもともと病気がある方、妊娠高血圧症候群を合併している方にとっては、身体の負担を減らすことに有効だという報告があります。

無痛分娩のデメリット

母体の脊椎の硬膜外腔にカテーテルを入れるため、その医療行為に伴う合併症や使用する薬剤の副作用が起こりえます。

無痛分娩では、母子の安全を守るために、一般的な合併症や副作用には、足の感覚が鈍くなる、力が入りづらくなる、血圧の低下、排尿の感覚が鈍くなる、かゆみ、頭痛などがあります。

これらについては、点滴を使用したり、姿勢の工夫、無痛分娩中に血圧計、体内酸素モニター、胎児心拍モニター、陣痛計などを取りつけて観察を密にすることが早期発見・早期介入が可能です。

また、排尿に関しては一時的に膀胱に管を入れ、排尿を促すこともあります。

まれな合併症として予期せず、脊髄くも膜下腔に麻酔薬が入ってしまう
麻酔の針の影響での強い頭痛
麻酔のためしまい、硬膜外腔や脊髄くも膜下腔に血のかたまりや膿がたまり、手術が必要になることがあり

医療行為には、その大きなメリットの裏には、少ない確率ながらも、必ず合併症や副作用があります。

むやみに怖がるのではなく、メリット・デメリットを知り、家族で話し合い、納得した選択できるようになるのが一番だと思っています。

施設によっては、途中からでも無痛分娩に変更できる場合もありますので、悩んでいる方はそのような施設を考慮することもひとつです。

また絶対に無痛分娩をしたいという、強い思いがある場合には、

365日24時間体制で無痛分娩が可能な施設が絶対条件となります。

麻酔科医の不足や、病院の体制の問題から平日、日中のみ麻酔対応可能としている施設も少なくありません。

無痛分娩に限らず、出産は、最後まで、誰しもが1分後には何が起こるか分かりません。


何か異常が発生すれば素早く対応できる体制をとっている施設、麻酔の合併症だけでなく産科的な問題が発生した場合でも迅速に対応可能な施設を選択することが一つのポイントなのかなと思っています。


別途費用がかかる

妊娠出産に関しては自費診療になりますので、施設ごとに差がありますが、10万円程度の出費がかかるようです。

 

分娩時間の延長

分娩第二期(子宮の出口が完全に開いてから赤ちゃんが産まれるまで)の時間が延長するといわれていますが、大きな問題はないとされています。

機械分娩の増加

硬膜外鎮痛を受けた妊婦さんでは、点滴から鎮痛薬を投与された妊婦さんよりも、鉗子や吸引を使うことが多くなることがわかっています

しかし、施設や主治医の方針も影響するため詳しいことは明らかになっていません。

 

オキシトシン(子宮収縮剤)使用率の増加

硬膜外鎮痛を受けた妊婦さんでは、オキシトシンの使用率が高くなります。

 

無痛分娩では母性が生まれない??

お腹を痛めて産むことが母性獲得につながるという考えがありましたし、今でもそのように言う方がいますが、母性の感じ方と分娩方法や痛みの有無は無関係です。
そんな呪いをかけてくる人とは、一線をおきましょう。

それなら、同じ親となる父親はどうなの?って話です。

ただ、射精しただけで父親になるなんて。

何も辛いことはないのに、父性は??

子への愛情と陣痛の有無は関係ありません。

子への愛情の感じ方や時期は個人差がありますが、経腟分娩でも無痛分娩でも帝王切開でも変わらないので安心してください。

 

無痛分娩が可能な施設

 日本産婦人科学会が2016年に行った調査では、全国の医療施設が取り扱った分娩のなかで、無痛分娩の割合は6.1%でした。

欧米と比較すると少ないことはわかっていますが、一概に良し悪しの問題ではないと思います。

私は、出産においてその方法云々よりも、「安全である」ということが最も優先すべきことだと思っているからです。

日本の妊産婦死亡率、新生児死亡率は世界でも最高水準レベルにあります。

それは、周産期医療に関わる医療従事者が安全第一で日々取り組んでいるからだと思います。

厚生労働省のウェブサイトには、掲載を希望した無痛分娩取扱施設の一覧をみることができます。

全国の情報が載っているため、無痛分娩を考えている方は、自宅の近くや里帰り先の近隣に無痛分娩を実施している施設があるかどうか確認しておきましょう。

また、このデータには、施設の基本情報と医師の人数や診療実績も載っているため、参考になると思います。

無痛分娩取扱施設一覧 

 

関連記事

PAGE TOP