知って得する産後情報 産後のマイナートラブル Part6

こんにちは!

ライターの小泉です。

 

今回は、『産後のマイナートラブル Part6』

というテーマで記事を書いていきます。

 

前回のPart5の記事はコチラ⇩

知って得する産後情報 産後のマイナートラブル Part5

産後のマイナートラブル

・腰痛、骨盤帯痛

・腱鞘炎

・頭痛

・乳腺炎

・排尿、排便障害

・むくみ

・冷え

・産後太り

・会陰部の痛み

・精神的疾患

・抜け毛、白髪

・肌荒れ

などなど様々なトラブルが起きます。

 

今回は精神的疾患について説明していきます。

 

 

日本では最近こんなデータがありました。

2014年から2016年までの2年間で、産後1年までに自殺した妊産婦は全国で少なくとも102人いた

 

自殺した時期の内訳が、妊娠中3人、出産後が92人、死産後7人。

圧倒的に産後の自殺率が高い状況に。

 

産後はやったことのない育児を急に強いられるため、今まで以上にココロとカラダに負担がかかります。

さらに、現代の社会は人口の首都移動現象により、地方の過疎化が進み、実家から離れて暮らす夫婦(核家族化)も多いのではないでしょうか。

 

慣れない地域での育児は友人などに相談することもできないため、不安でしかないと思います。

 

そうすることで、マタニティブルーや産後うつといった精神的な症状が出て、最悪の場合虐待や自殺といったケースに陥いります。

しかし、マタニティブルーも産後うつも原因や対処を知っておけば、多少は防げると思います。

 

今回はそのための記事になります!是非、『知って得する!』記事を最後までご覧ください。

 

 

マタニティブルー

マタニティブルーとは産後7~10日以内にみられ、主に2~4日を発症のピークとする一過性の急激な感情の変化のことを指します。

なんと、産後ママの50~80%が経験します

症状

基本的には、精神的な不安感や感情のコントロールが効かなくなることがメインですが、中には子育てに興味がなくなることもあります。

人のココロとカラダは繋がっているため、憂鬱な感情が続くと頭痛やめまい、もしくは腰痛などの痛みがでる場合もあります。

 

 

原因

慣れない育児や出産からの疲れなどでのストレスもありますが、原因のメインはホルモンによる影響です。

妊娠中に増加していったエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンが出産と同時に急激に減少していく過程でホルモンバランスが乱れ、精神面に変化をもたらします。

そのため、マタニティブルーの発症は出産後7~10日以内に発症し、4~5日で症状が消えます。

 

 

 

産後うつ

出産後2~3週間たってからの発症がほとんどで2間以上続くものを産後うつとしているようです。

中には2~3ヶ月経ってから発症する人もいます。

 

現在では10人に1人が産後うつの状況になるといわれています。

 

症状

ある程度はマタニティブルーと同じで感情の起伏が激しくなったり、育児に興味がなくなったりしますが、マタニティブルーの時よりも精神状態が悪く、パニック発作を起こしたり、行動を起こせなくなる場合があります。

 

 

原因

原因もマタニティブルーの時とほとんど同じ、ホルモンによる影響もありますが、メインは育児や睡眠不足によるストレスがメインになります。

旦那さんへの不満も大きな原因の1つになります。

 

 

 

予防・対処方法

睡眠・食事・運動・趣味活動は重要な項目になります。

・取れるときに睡眠を取る(お昼寝)

・ゴールデンタイム(22時~2時)には就寝する

・頻繁に深呼吸をして休息をとる

・大豆食品をとってホルモンのバランスを整える

・ヨガやストレッチ、ウォーキングなど軽い運動をする

・頻繁に外出し、日光に当たる

・パパや家族に育児、家事のサポートを積極的に頼む

・相談相手を作っておく

・不安なことやわからないことはインターネットで検索、相談する

 

自分が産後うつの状態なのか不安な場合はすぐに産婦人科や保健師、助産師さんなどに相談することが重要です。

上記に書いてある症状が続く場合は、精神科や心療内科に受信することも必要です。

 

 

育児にとって必要なことはママが笑顔でいること、家族が笑顔でいること。

家庭が明るければ、こどもも笑顔でスクスク育ちます。

育児はとても大変で辛いことも多いですが、楽しむ気持ちが大切です!

私ももうすぐ2歳の息子がいて、大変なときも多いですが、育児を目一杯楽しむように心がけています。

本当に辛いときは誰かにすぐ相談し、一人で抱え込まないようにしましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

このサイト内ではリハビリの専門家や栄養士が妊娠や出産、育児について記事を書いています。

ママ・パパになる準備や体のケア、育児、制度などで不安や悩みがある方のお助け手帳になれるようなサイトになればと思います。

 

ご質問やセミナーの依頼などはライターページからHPに移ってお問い合わせください。

 

writer:小泉 昇巳(理学療法士/ファスティングインストラクター)

関連記事

PAGE TOP